着物をリメイク✨

2020年10月12日

こんにちは☺ 皆さま~お久しぶりです。 この度嬉しいことに月に一度ブログ担当に任命されました!!ありがとうございます。 ブログを通して小浜島の魅力など・・・ 小浜島出身の私メープル🍁がご紹介させていただけたらと思います☺ 本集落内にあるこの建物・・ ちょっと見つけにくい、気づきにくい所にあるのですが見たことある方ご存知の方いらっしゃいますか?? 名前が見えてしまっているのでなんとな~くわかりましたか☺ 【小浜染織工房】実はこの建物 糸を紡ぎ、染め、機織り機で織り行事で着る着物を仕立てる工房なのです!! 普段は入る事の出来ない工房の中はこんな感じです。 機織り機が中に数台・・中々手に入らない貴重な物です✨ 昔は各家に機織り機があり、着物を仕立てていたそうですが今や機織り機のあるお家は数少ないです。 小浜島の織り物は商売で使われなく家族が行事で着るために仕立てます。素敵すぎますよね✨✨ 色も、柄も本当に素敵で着物に袖をとおす時毎回しあわせな気持ちになります。 着用画2.3年も前の写真なので画質が・・すみません。 お逢い出来る日を楽しみにしています☺ はいむるぶし

まだまだ遊べます!!

2020年10月9日

皆様お久しぶりですびっくり くりですびっくり 昨日ふと、去年の今頃は何をしていたかなーと 携帯の写真を眺めていました。 おっと綺麗な海だな~キラキラ 

相変わらず下手くそな写真ですみませんW 誰かに見せるためではなく、 綺麗だったので不意に撮ったのだと思います。 この日はとても暑く晴れ、めっちゃ日焼した記憶がありますガッツポーズ 日付を見ると11月上旬! 今年もまだまだ海遊びできますね! 八重山の夏はまだ終わってないです!!!W はいむるぶしでは11月30日までビーチ・プールの営業をしております。 ぜひ皆様今年の海納め?(この表現であっているかわかりませんが・・・) は小浜島はいむるぶしでいかがでしょうか。 皆様のお越しを心よりお待ちしておりますニコニコ

あまーい時間を癒しの空間で

2020年10月5日

皆様、こんにちは👋😃 お久しぶりのあんずです。 10月になり、季節はもう秋🍁 と言いたいところですが、ここ小浜島はまだまだ半袖で十分! 暖かな日差しに照らされ、ほんの少し汗ばむ心地好い陽気の今日このごろ。 てぃだ棟クラブラウンジ (オーシャンビュースイート、バススイートルームご宿泊者様専用施設) では、甘くてとろけるみんなの大好きなスイーツをご紹介させていただきます✨✨ シェフが作るオリジナルアイス🍨 これが美味でして、「またアイス食べにきまーす」とラウンジを後にするお客様もいるほどの大好評! 定番の黒糖をはじめ、数種類のフレーバーをご用意しております。 器にもこだわり、ついつい眺めてしまいたくなるような海の色にも合う琉球ガラスを使用   テラス席に座って、鳥の囀ずりや虫の声、風の音を感じながらのんびり海を眺めるも良し 太陽の光が海をキラキラ光らせ、口の中で溶けるアイスと共に心も癒されとろけてしまうかも🏝️ 時が経つにつれ西表島に沈んでいく夕日がラウンジ内をオレンジや赤色に染めてくれる日も そして、日が落ちた後のマジックアワーがなんともいえない幻想的な世界をみせてくれるのです。 暗くなったら、ほんのり柔らかなキャンドルと共に静かな空間をお楽しみください。 朝から日が落ちるまで様々な顔をみせてくれる景色を眺めながら美味しいアイスをお召し上がりにいらしてください。🌈 ラウンジスタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ヤギ日記

2020年10月2日

といいながら、今回は久しぶりの投稿なので、いつものヤギにはこだわらず、 はいむるぶしに住んでいる動物たちを一同のご紹介させていただきます。 冒頭早速、ヤギではない写真でごめんなさい。とても可愛い瞬間に遭遇しました。 もふもふで可愛い!あひる(バリケン)たちです。 住民たちの顔ぶれは、これまで長く変わらずにおりましたが、数か月前いよいよ親族が誕生。 すくすく育ち、水牛池周辺に十数匹…いまや帝国・大所帯を形成しつつあります。 お食事を載せた車が近寄ると、ピヨピヨと小さくかわいい鳴き声と共に近寄ってきます。 むしゃむしゃと食事する姿を眺めていると、気付くとわたくしの気難しい自身の表情が緩んでおりました。 そして、皆さんご存知ヤギたち。 センター棟の目の前に彼らの社屋があり、秘書(スタッフ)お付きのもと8:30ごろに出社。 みなの心を癒し、そして鷲掴みにしたあと、スタッフと共に18:00前には帰路につきます。 これは、過去投稿の通勤風景です。これもまた可愛く見ものです。 毎朝、ハチャメチャな様子がご覧になれます。 元気の良い時は、これもんです(笑)。 社屋目の前に位置する『うーじ棟』(宿泊棟)は、 時より、ヤギの鳴き声が風にゆられて優しく聞こえてきます。 そういえば以前、爽やかな目覚めができたと、 ご宿泊のお客様よりお声を聞いた事がありました。。 その横には、ひっそり亀が2匹…。 サンセット広場を進むと、こんな看板があります。 更に先を進むと、なんと凛々しい馬たち! ちょうどこの時、馬と戯れるお客様に遭遇。馬の名前を呼んで語り掛けてくれていました。 (お二人の許可を得て撮らせて頂きました。ありがとうございました!) ブログ初登場かもしれません。(たぶん…) 鷹の『ハク君』です。 初対面の場合、強面で近寄り難いかもしれませんが、彼は決して襲ったりはしません。 まん丸の目はむしろ愛らさを感じます。 羽を触る事もでき、センター棟に登場する時は、その勇敢な姿に皆様の注目の的となります。 最後に大御所、水牛の親子の登場です。 父『たろう』・母『おすぎ』 息子の『大二郎』。大きくなりましたね。 すぐ近くにまで近寄れ、間近にみるとかなりの迫力です。 はいむるぶしの圧倒的なシンボルです。 いかがでしたでしょうか。。 彼ら彼女は、みなとてもおとなしく、優しく近づけば、こちらを見つめ近寄ってきてくれます。 そして疲れた心をそっと癒してくれます。 ご宿泊の際は、是非、逢いにお出かけ下さいね ♪ KOHAMA浪速人(なにわんちゅ)

小浜島生き物通信

2020年9月28日

こんにちは、Shunです。 息子、5歳。 ようやく体力も付いてきて、 長い距離を歩きながら、 一緒に虫取りや磯遊びを楽しめるように なってきました。 今日は、小浜でもよく行く、 私と息子の虫取りお気に入りポイント、2ヵ所。 一ヵ所目は大岳(うふだき)頂上。 登るのは大変ですが、風の弱い日には、 一番の蝶々採りにお勧め。景色も抜群。 風に乗って、いろいろな蝶々が 吹き上がってくるので、待ち構えるだけ。 ただ、大岳頂上は子供用の、 通称「しょぼいあみ」では、 大きな蝶々は難しいかも。 子供用の虫取り網で蝶採りをしたり、 風の強い日には、西大岳(いりうふだき)の入口付近がお勧め。 ここは飛んでいる蝶々やトンボを追いかける 必要はありますが、頑張れば子供の虫取り網でも 届くようなところに、虫たちがいます。 運が良ければ。。。 準絶滅危惧種で、沖縄県指定天然記念物の「コノハチョウ」 に出会えるかも。 はいむるぶし園内でもオオゴマダラや リュウキュウギンヤンマ、サキシマヒラタクワガタなど たくさんの昆虫が見られますヨ! レセプションで、子供用の虫取り網と 虫かごを無料貸し出ししているので、 是非、お声かけください。 また、小浜島の自然探検なら、 アクティビティカウンターで 「なちゅら」さんをご紹介しています。 なちゅらスタッフのカニくんと、 夏休みの宿題的磯遊び、の図。 ※なちゅらさんのツアーは幼児だけではご参加出来ません。 ※小学生以上であれば、子供だけでもご参加出来ます。 Shunでした。

緑の光

2020年9月25日

はいたい☀️もつこです😄 この間夜に はいむるぶしの園内を歩いていると ふと 緑色の光が視界に入ってきたので よーく見てみると
ホタルがいました😆 9月にホタル?と 気になって近づいて写真を撮ってみると
あれ? なんか思っていた姿と違う??🤭 生き物に詳しいスタッフに写真を見せると オオシママドボタルの幼虫と教えてくれました🤗 小浜島に生息しているホタルのひとつだそうです🌟 調べてみると夏を幼虫として過ごし、 10月~1月にかけて成虫になり飛び立つ 冬のホタルでした😍 来月以降には成虫を見ることも できるかもしれないですね👀! 豊かな自然が残る 小浜島ならではの楽しみ方です✨

小浜島の音

2020年9月21日

皆様、こんにちは。 バンビです。 2回目の投稿となりました。 先日、自転車に乗って自由気ままに島内を巡りました。 この日はいつもより風の強い日で、 吹き抜ける風がサトウキビを揺らし、 「ざわわ」と、心地よい音が周囲に響き渡っていました。 既にご存知かと思いますが、 小浜島は自然環境がとても良い地域です。 様々なメディアを通じて、 青く透き通った海の映像や、 満天の星の映像など、 美しい画を一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。 ですが…、 海や星空といった「景色」だけが 小浜島の魅力ではありません。 街の雑踏や喧騒とは縁のないこの島では、 自然界本来の「音」が聞こえてきます。 反対に、人口的な「音」はとても少ない環境です。 ご来島された際には、 是非「音」の方にも意識を向けてみてください。 きっと、いい時間をお過ごしいただけると思います。 さて、ここで話を戻させていただきますが、 先日自転車で島内を巡ったときに撮った写真をご紹介させていただきます。 大した写真ではありませんが、 写真から小浜島の「音」を少しでもイメージできるようであれば嬉しく思います。 写真は全て私物のiPhone6sで撮影しました。 5年ほど前の古い機種で撮影した写真ですが、 それでもかなり綺麗?に撮れているのではないか…と思います。 最近のスマートフォンは 高画質な写真や動画が撮影できますので、 一眼レフのような高価なカメラを持っていなくても、 どこでも気軽に、綺麗な映像が残せて大変便利ですね。 はいむるぶしでの滞在中、 お手持ちのスマートフォンを片手に、 自転車に乗って島内を巡ってみてはいかがでしょうか。 きっと素敵な記憶と記録が残せると思います。 それではまたバイバイ

9月18日の記事

2020年9月18日

皆様、こんにちは 本日も暖かい小浜島!最高気温33℃ あと4日で22日。 9月22日は、何の日かご存知ですか? 沖縄県では「シークヮーサーの日」です。 カレンダーや八重山手帳に記載があり、???考えてしまいました そこで調べてみると、シークヮーサーの旬の時期を迎えることと、 沖縄の方言でミカン類を『九年母(くにぶ)』と呼び、語呂合わせによって この記念日が誕生しました(2017年) お酒や、お刺身等に入れると美味しいですよ 是非、御賞味ください


ご来島お待ちしております <小浜島へGo>

9月14日の記事

2020年9月14日

みなさん こんにちは。
そうじろうです。 はいむるぶしのロゴマークはご存知、シオマネキなのですが このマークをはいむるぶし設立時に提案した小浜島のおじいさんとの話を思い出しましたので
それについて今日は書きたいと思います。

P8140733




このシンボルマークには奥に込められた
創設者の「想い」があるようです。


はいむるぶしのカニの特徴的なフォルムには実は部位、それぞれに意味があります。

例えば、このカニの足ははいむるぶしで働く従業員を指します。

皆で足並みを揃えて、左に右にお客様の為に走り回る様子を表し
いつでも息を合わせて頑張りますという決意が込められています。


そしてこの右手の大きな爪は「お客様」です。
このカニは見ての通り、
大きな爪こそが最大の魅力となり特徴となっています。

つまり、はいむるぶしでは「お客様」自体が、最大の魅力であると、
そういうことらしいです。

カニの飛び出した目は、従業員一同いつでもお客様を見守っているということを表しています。

お客様が小浜島を離れていても、はいむるぶしのカニはお客様を見守っているし
また、新たなお客様を目を飛び出しながらキョロキョロ探しています。

そして左手の小さな爪ははいむるぶしの社長をさします。
いくら社長といえども、お客様(大きな爪)の前では頭を下げて謙虚な気持ちを忘れないですよ
という意味です。

いかがでしょうか?

私はこのお話を聞き、いつも素通りしてしまうこのカニロゴが
100倍くらい愛おしく思えてきました。


お客様の為にはいむるぶしがあり、従業員が力を合わせて奔走して
また、暖かく見守り、謙虚な気持ちを忘れず
、そして従業員、社長、お客様、皆揃って初めて「はいむるぶし」
になるのだなと、思います。カニロゴは見ての通り大きな「輪」で囲まれています。

大きな輪の中で、ひとつになっているわけですね。



周りで働いている従業員一人ひとりが大切な仲間であり、お客様のために
今日も走り続けていると思ったらなんだか、その一員であることに
誇りを持ててきました。
今ではこのカニのマークの意味を知らない従業員も多々いると思うので おじいさんや創設した頃の方々のカニマークに込められた「想い」も 一緒に継承していけたら、と思います。
今日も海も空も星空も私たちも輝いております。 どうぞ、はいむるぶしにいらしてください。

今夏の景色

2020年9月11日

皆様、こんにちは。 タケです。 いかがお過ごしでしょうか。 まだまだ八重山の夏は続きますが、 この場をお借りして、今年の夏に撮影致しました八重山の景色をご紹介致します。 何年住んでも夏が訪れるたびに八重山の島々は美しいと実感します。