星空ナビ

国内最多の84星座やすべての一等星を望む星の島、八重山諸島

TBS系テレビ放映の番組内「天文学者27名が厳選!綺麗な星空」で全国1位に選ばれた八重山地域。
国際天文学連盟が決めた世界共通の星座名である88星座のうち、八重山地方では国内最多の84星座を望むことができます。

星空さんぽ道

精霊が宿る樹

01 精霊が宿る樹

精霊が宿る樹とされるガジュマルを琉球ガラスのランプがほのかな光を灯します。はいむるぶしビーチへ向かう「竹あかり」の途中でご覧いただけます。

01 精霊が宿る樹

精霊が宿る樹とされるガジュマルを琉球ガラスのランプがほのかな光を灯します。はいむるぶしビーチへ向かう「竹あかり」の途中でご覧いただけます。

精霊が宿る樹

02 星空テラス

石垣市内よりも素晴らしい満天の星が楽しめる「星空テラス」。星空の下、星座が語りかける声に耳を澄ませて、宇宙へと思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

星空テラス

02 星空テラス

石垣市内よりも素晴らしい満天の星が楽しめる「星空テラス」。星空の下、星座が語りかける声に耳を澄ませて、宇宙へと思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

星空テラス

03 月光浴

印象的で神聖な八重山の月夜の下、裸足になって砂浜に横たわり月光浴と瞑想を。大地をダイレクトに感じながら、月に満ち溢れる手放しと浄化のエネルギーを受け取ることができるでしょう。

03 月光浴

印象的で神聖な八重山の月夜の下、裸足になって砂浜に横たわり月光浴と瞑想を。大地をダイレクトに感じながら、月に満ち溢れる手放しと浄化のエネルギーを受け取ることができるでしょう。

04 星空Cafe

満天の星々の下、選りすぐりのワインやオリジナルカクテルを片手に、寛ぎの時間をお楽しみいただける「星空Cafe」。お食事はナチョス・アヒージョ・生ハム盛合せ等、地元食材を使った幅広いお食事メ二ューをご用意しています。

星空Cafe

04 星空Cafe

満天の星々の下、選りすぐりのワインやオリジナルカクテルを片手に、寛ぎの時間をお楽しみいただける「星空Cafe」。お食事はナチョス・アヒージョ・生ハム盛合せ等、地元食材を使った幅広いお食事メ二ューをご用意しています。

星空Cafe

05 星空ツアー

星空専門のガイドがレーザーポインターを使用し、八重山の星文化や宇宙の不思議などのお話を織り交ぜながら旬の星座や星をわかりやすく説明します。

05 星空ツアー

星空専門のガイドがレーザーポインターを使用し、八重山の星文化や宇宙の不思議などのお話を織り交ぜながら旬の星座や星をわかりやすく説明します。

06 星空写真館

天の川と南十字星が海に浮かぶ奇跡の島、小浜島。
日本が誇る星空環境の島で奇跡の1枚を撮影しませんか。

星空写真館

06 星空写真館

天の川と南十字星が海に浮かぶ奇跡の島、小浜島。
日本が誇る星空環境の島で奇跡の1枚を撮影しませんか。

星空写真館

ティンガーラ
(天の川)

八重山諸島は日本で一番赤道に近い地域になり、上空の空気も澄み大気の揺らぎが少ないため、国内屈指の綺麗な星空の地域として知られています。
その好条件の夏の夜空を彩る主役が「ティンガーラ(天の川)」です。

八重山の夜空を彩る無数の星々の中を流れるティンガーラの圧倒的な存在感に、宇宙のパワーを感じます。双眼鏡を使ってティンガーラを眺めると、そこはスターダストの海…。煌く星々の一粒一粒の輝きに、きっと驚くことでしょう!

画像は星の島『小浜島』の夜空を彩るティンガーラ(天の川)。
はいむるぶしビーチにて撮影。

南十字星

TBS系テレビ放映の番組内「天文学者27名が厳選!綺麗な星空」で全国1位に選ばれた八重山地域。
国際天文学連盟が決めた世界共通の星座名である88星座のうち、八重山地方では国内最多の84星座を望むことができます。

八重山諸島では12月中旬から6月初旬にかけて南十字星を望むことができます。はいむるぶし園内では、南側を向いているビーチテラスからの眺めが最高です。真正面の沖合いに見える黒島のすぐ上空に見ることができ、12月中旬は陽が昇る直前に、6月初旬は陽が暮れた直後に見ることができます。

画像は、はいむるぶしビーチテラスにて撮影。
正面の黒島上空に『南十字星』が見えます。

南十字星(みなみじゅうじ座)の恒星

α星:アクルックス(Acrux)は全天21の1等星の1つ
β星:ベクルックス(Becrux)は全天21の1等星の1つ
γ星:ガクルックス(Gacrux)は1.63等星
δ星:デクルックス(DeltaCru)は2.78等星

南十字星

南十字星が真南に見られる南中時間

下記の表は、毎月1日と15日の南中時間(天体が真南に位置する時間)です。
南十字星の見える時間は、12月から6月にかけて毎日4分ほど早くなります。南中時間の前後1時間が南十字星の見頃です。

日  付 12月24日 1月1日 1月15日 2月1日 2月15日 3月1日 3月15日 4月1日 4月15日 5月1日 5月15日 6月1日 6月15日
南中時間 6:20 6:30 5:37 4:31 3:36 2:40 1:45 0:39 23:40 22:37 21:42 20:35 20:25

夜空のみどころ

2019年4月23日 こと座流星群極大

極大時刻は午前9時頃。見頃は23日未明ですが、満月に近い状態の明るい月が夜空を照らすため、条件はあまりよくありません。

2019年5月6日 みずがめ座η流星群極大

2019年5月6日みずがめ座η流星群極大
月明かりもなく好条件です。7日未明が観察には適しており、1時間に10個程度と予想されます。

2019年6月28日 うしかい座流星群極大

極2019年6月28日 うしかい座流星群極大
下弦の月で極大は日の出後。28日夜明け前が条件が良いですが、月明りを避けての観察がお勧めです。

2019年7月17日 部分月食

2019年7月17日 部分月食
沖縄では明け方頃から始まります。中四国地方西部より西で見られますが、食の途中で月が沈みます。(月入帯食)

2019年7月30日 みずがめ座δ南流星群極大

2019年7月30日 みずがめ座δ南流星群極大
見頃は夜半過ぎ。1時間に6個程度と予想されます。月明かりの影響はなく、好条件で観測できます。

2019年7月31日 やぎ座α流星群流星群極大

2019年7月31日 やぎ座α流星群流星群極大
極大は3時頃。月明かりの影響はなく、好条件で観測できます。

2019年8月7日 伝統的七夕

2019年8月7日 伝統的七夕
太陰太陽暦にもとづく七夕。晴天率は高く、月は夜半前には沈み、その後は天の川がくっきりと見える観察条件になる可能性が多いとされます。

2019年8月13日 ペルセウス座流星群極大

2019年8月13日 ペルセウス座流星群極大
3大流星群の1つ。夜明け前に放射点が高く上るので、宵よりも夜明け前の方が多くの流星を見られます。ただし、明るい月が邪魔をします。極大は13日16時頃。13日未明は、月没から薄明まで1時間ほどの時間が観察には適しており、1時間に30個程度と予想されます。

2019年8月18日 はくちょう座κ流星群極大

2019年8月18日 はくちょう座κ流星群極大
夜中2時過ぎに月が沈むため、未明の夜半から夜明けまでが観察に適しています。

2019年9月13日 中秋の名月

2019年9月13日 中秋の名月
澄んだ夜空に浮かぶ名月を眺めてみましょう。

2019年10月9日 りゅう座流星群極大

2019年10月9日 りゅう座流星群極大
ほぼ新月のため月明かりはありませんが、極大は16時頃です。

2019年10月22日 オリオン座流星群極大

2019年10月22日 オリオン座流星群極大
極大は日の出後の9時頃。見頃は未明で、1時間に5個程度と予想されます。下弦の月が出ています。

2019年11月6日 おうし座南流星群極大

2019年11月6日 おうし座南流星群極大
南流星群は夜中1時頃に月が沈み、観察に適しています。

2019年11月13日 おうし座北流星群極大

2019年11月13日 おうし座北流星群極大
北流星群は満月で条件はあまり良くありません。1時間に2個程度と予想されます。

2019年11月18日 しし座流星群極大

2019年11月18日 しし座流星群極大
ピークは日中14時となり、月が23時頃から出るため条件はあまり良くありません。1時間に1個程度と予想されます。

2019年12月15日 ふたご座流星群極大

2019年12月15日 ふたご座流星群極大
3大流星群の1つ。年間最大の出現をほぼ一晩中見せる流星群。極大時刻は2時ですが、満月過ぎの明るい月が輝くため条件は良くありません。1時間に20個程度と予想されます。

2019年12月26日 金環日食

2019年12月26日 金環日食
14時前頃から太陽が欠けたまま沈む、部分食を見ることができます。沖縄での最大食分は約0.36部分日食ほどです。食の始め13:50頃・食の最大15:21頃・食の終り16:38頃。日食グラスなど専用の観察器具を使用して観察ください。

小浜島から見る季節ごとの星座

春の星座
夏の星座
秋の星座
冬の星座
春の星座

春の星空は、個性豊かで見つけやすい星座や星がたくさんあります。

春の星空散歩の出発点となるのは、「北斗七星」。「おおぐま座」の背中からしっぽにかけて、スプーンのような形にならんでいる7つの星が、とてもよく目立ちます。そのスプーンの柄の方にカーブを伸ばしていくと、赤く輝く1等星、「うしかい座」の「アルクトゥールス」があります。

さらにカーブを伸ばしていくと、もうひとつの1等星「スピカ」があります。純白の色が、赤いアルクトゥールスと対照的でとてもきれいです。このスピカは、豊穣の女神である「おとめ座」が手に持つ麦のとがった穂先を表し、「スパイク」と同じ語源にもなっています。

この2つの星から、もうひとつ星を見つけてみましょう。正三角形を作る位置には、「しし座」の尾にあたる「デネボラ」があります。「夏の大三角」と同じように、この3つも「春の大三角」と呼ばれています。この「デネボラ」から、西に向いた雄大なししの姿が見えてきます。

再びスピカに戻って、さきほどのカーブをまた伸ばしてみると、小さくいびつな四角形の「からす座」にたどりつきます。それほど明るい星はありませんが、意外に目立つ形です。

このからす座から、地平線の真南に向かってまっすぐ視線をおろすと「南十字」が見つかります。本州ではほとんど見られない、春の小浜島ならではの眺めです。

月齢カレンダー

   
<
戻る
>