はいむるぶしはいむるぶし

宿泊予約

メニュー

 
 
 

新着情報・トピックス

2017年10月16日

【祭事】小浜島『結願祭』のご案内

小浜島は沖縄地方特有の味わいをもった
諸種の民俗芸能が伝えられている芸能の島・・・

子供たちも小さい頃からお祭りに参加し、
島の伝統文化を引き継いでいきます。

最も芸能が盛んに行われるのは、
一年間の願を解き、翌年の豊穣を祈願する『結願祭』(きつがんさい)。

『結願祭』とは神に願いをかけ、願いが叶った後、
その願いを解く祈願の総まとめ的なお祭り…

小浜島の『結願祭』は「節」と「結願」の元々2つの行事が、
明治初期頃1つになったといわれています。


3日間で行われる『結願祭』では、
北と南の二つの部落に分かれて芸能を共演します。


『結願祭』には県内外より地元出身者が帰島し、
集落がとても賑やかになり、
普段離れている家族との再会を楽しみにしています。



小浜島の『結願祭』は、
平成6年12月に文化庁から国の「重要無形文化財」に指定されました。


『結願祭』は旧暦8月の戌亥のスクミから始まり、
翌日の己子のショウニツには、舞台で数多くの芸能が神へ奉納されます。



今年の『結願祭』は
2017年11月08日~ 11月10日に開催され、
11月09日に一般の方も見ることが出来る奉納芸能が嘉保根御獄(かほねうたき)にて行われます。


興味のある方は是非、この機会に来島していただき、
神々が集う芸能の島を体感してください。


■ 国の重要無形文化財 小浜島の『結願祭』

開催日:2017年11月09日

・9:00~17:00 嘉保根御獄 (見学可)

※時間は多少前後することがございます。


■結願祭を見学する時のお願い

(1)結願祭は神事であり、行事の進行を妨害する様な行為はしないでください。

(2)基本的に立ち見となります。

(3)結願祭につきましては、写真やビデオの撮影はできます。

(4)嘉保根御獄は島人にとって大切な聖地です。飲食等は控えゴミ等はお持ち帰り下さい。
また木の枝なども折らないようにお願いします。

(5)会場は飲食の販売はございません。

「はいむるぶし」より会場までの送迎はございません。予めご了承くださいませ。