2021年11月22日

皆様こんにちは!ヤマグチです。

季節の変わり目の小浜島は、色々な天候に出会える季節になって来ました。


小浜島にお越しの際は、雲の種類や高さの違いも

気にしていただくと、より素敵な景色に出会えるかもしれません。





簡単に雲の種類をいくつかご紹介いたします。



巻層雲(けんそううん)
◆巻層雲(けんそううん)

薄く空をベールで覆うようにできる雲です。

「かすみ雲」とも呼ばれ、この雲があるときには太陽や月のまわりに暈ができたり、飛行機雲と一緒にできることもあります。




積乱雲(せきらんうん)

◆積乱雲(せきらんうん)

ご存じ「入道雲」と言われる雲です。大変背の高い巨大な雲で、

太平洋側では夏にこの雲で雷や夕立ちが起こりますが、

日本海側では晩秋から初冬にかけてあられや雹とともに雷を起こす雲と言った方がわかりやすいかもしれません。

背が高く厚いので、この雲が頭上に来るとまるで日が暮れたように暗くなり、大粒の雨が降ってくることになります。









朝焼けやマジックアワーは、巻層雲などの上空の高いところにある雲がある

よく晴れた日に綺麗な景色を見せてくれます。上層の雲の位置や、

下層の雲の位置を雨雲レーダーで確認しながら
夕日の時間をワクワクしながら待つのも楽しいですよ(^o^)/




ご滞在中に、海だけじゃなく、星だけじゃなく色々な雲の形や、

空の表情も楽しんでいただけると嬉しいです。


皆様のお越しを楽しみにしております♪