虹🌈

2021年9月27日


皆様こんにちは!ヤマグチです。


9月後半、少しづつ気温も落ち着き、

すごしやすい気候になってきた小浜島です。



早朝に通り雨が降ることも多くなりました。

こんな気候は、虹を見るチャンスです。

ご滞在中に虹が見れるとうれしいですよね♪



そこで・・虹を見るためのポイントをご紹介させていただきます。

スィートラウンジよりSTAFF撮影





虹を見るための細かな条件


①空気中に水蒸気(水滴)があること

 水滴がなければ光の屈折が起きません。



②晴れていること

 太陽の光が差し込まなければ屈折することすらできません。



③太陽の高さが低いこと

 太陽の高さが高いと小さな虹しか見えません。

 太陽の光が水平に近い角度で水滴に差し込むと大きな虹が見えます。



④太陽に背を向ける

 虹は太陽とは正反対の位置に現れます。

また、虹は人の眼に対して太陽から42度の角度にある

水滴を通り屈折した時に私たちに虹を見せてくれます。







海や星空だけでなく、
雲や風の動き・太陽の動きにも目を向けていただき

自然が織りなす素敵な景色もお楽しみくださいませ。



ご滞在中に、ちょっとでも小浜島を好きになってほしいと心から願っております。




海上よりSTAFF撮影。



英語のRainbow(レインボー)は「雨(rain)の弓(bow)」を意味する。

また、フランス語では arc-en-ciel(アルカンシエル)といい、

「空(ciel)に掛かる(en)アーチ(arc)」を意味する。







皆様にお会いできる日を楽しみにしております♪