• ゲストルーム STAY
  • アクティビティ ACTIVITY
  • レストラン&バー RESTAURANT
  • リトリート&スパ Retreat&Spa
  • ファシリティー&マップ FACILITY
  • ウエディング WEDDING
  • アクセス ACCESS

よろせー(綱引き)&のど自慢大会

■大綱引き

青年会の年間活動の中で最大イベントということもあり、島の発展を祈念する青年会は、大綱引で使用するワラ確保のため、米作りから取り組むという力の入れ様。
台風11号が来ようと必死でこの日のために綱を編んだ。
18:00ごろ島内放送で大綱引き参加者への案内が行われ、参加者全員で大蛇の形をした大綱2本を担いで島の中心に移動。住民の子供から高齢者、観光客まで加わり、北と南の集落に分かれた。 勝負は2勝を先にした集落が勝利となる。
2本の大綱をドッキングさせると一気に緊張感が高まり、双方の目が変わると、青年会会長の「あまり引きすぎると綱がそろそろ切れるかもしれないのでお手柔らかに・・・」という声で少し緊張がほぐれ、仕切り直し。
改めて会長の「よろせードンドン」という掛け声とともに島の発展を願って一気に綱が引かれた。
結果は北集落の2連勝!!
戦いを終えた精鋭達の顔は一気に笑顔に変わり、観客からの大きな拍手に包まれた。青年会会長から結果と労いの言葉があり、今年は北集落の子孫繁栄が祈念された。
戦いの余韻のあと、参加者全員で「のど自慢大会」会場の生活改善構造センターへ大綱が担がれた。

大綱の雄綱と雌綱をカヌチ棒で結びつける


綱引きの様子(北の集落)

綱引きの様子(南の集落の子供たち)

■のど自慢大会

会場には、綱引きで使用した大綱で大きな円が描かれ大勢の聴衆が十五夜と大綱を見ながら、ビールとつまみを両手に思い思いのスタイルで参加者の歌声に耳を傾けた。
童謡から演歌、ポップス、民謡まで幅広いジャンルの歌声が会場を包んだ。
会場には泡盛・ビール・ポテト・唐揚げ・焼き鳥・やきそば・八重山そばなどが購入できるお店を青年会が出店。青年会の意気のいい掛け声につられてついつい食べきれないほど購入させられたが心地良かった。
審査員の厳しい審査の結果、チャンピオン・熱演賞・パフォーマンス賞・爆笑賞・会長賞・もうすこしで賞などが参加者に与えられ、会場は盛り上がった。

                大綱引きを円にして会場作り                                のど自慢大会のチャンピオン

■お楽しみ抽選会

のど自慢大会終了後には、この大会を盛り上げる最後のイベントである抽選会が行われた。抽選券は青年会が出店するお店で購入すると手に入れることができた。
景品をみると豪華!!
この日に多くの協賛品が寄せられていた。(おそらくこれが目当てで参加している参加者も多いはず・・・)
番号が読み上げられるたびに参加者が一喜一憂、当選者の中には、走って景品をもらいに行く方もいた。

最後に青年会会長の締めの挨拶とリクエストによる歌声と、“ミーファイユー”(ありがとう)が会場に響きわたり、参加者全員の島に対する想いがひとつになったとき、温かい雰囲気に包まれ、参加者は会場を後にした。
このイベントを開催した小浜青年会の熱い想いを心に受け止め、自分達が島にできることは何なのかということを改めて考えさせられた。この青年会の想いを少しでも多くの方に伝え、島の発展に貢献していきたいと思った。

お楽しみ抽選会当選者


青年会の出店

ページの先頭へ
はいむるぶしへのお問い合わせ インターネットからのお問い合わせ
ページの先頭へ